ダイヤモンド用語集

HOME > ダイヤモンド用語集

あ行

アイデアル・カット
ラウンド・ブリリアント・タイプのダイヤモンドで、トルコフスキーが数学的に算出したプロポーションのダイヤモンドを宝石業界ではアイデアル・カットと呼んでいるが、最近ではこのアイデアルカットに匹敵するプロポーションが複数存在することが科学的に証明されている。
インクルージョン
ダイヤモンド中に包有される他の鉱物の総称で、結晶インクルージョンとしてはダイヤモンド、ガーネット、オリビン、ダイオプサイド、スピネル、グラファイト、ヘマタイト、マグネタイト、パイロォタイトなどがある。
また劈開、割れ、成長線、双晶線などもインクルージョンとして取り扱われる。
エクストラ・ファセット
ダイヤモンドカットの規定外にカットされたファセット面、ファセット上のキズ=ナチュラルを取り除くために作る。
エタニティリング
小粒の宝石が一周するようにデザインされているタイプのリング。
永遠に変わらない愛情と感謝の気持ちを示すものとして、結婚記念日などに夫から妻に贈る指輪です。エタニティ=永遠 という意味から名づけられました。
エンゲージリング
エンゲージリングは婚約指輪。男性が女性に婚約の証として渡す。プロポーズするときに渡す指輪。
結納品のひとつとして「結美輪」として納めることもあります。

か行

カット・ポリッシュ
原石を切断、研磨し、研磨済みダイヤモンド(Polished diamond)にすること。およびダイヤモンドルースの状態の程度。
カラーとカラー・グレード
ダイヤモンドの美しさ、価値を決定づける要素の1つでダイヤモンドの色調をいう。
通常ダイヤモンドは極く僅かな緑がかった黄色をしており、カラー・グレードはこの微妙な色あいの比較で、マスター・ストーンを用いて行う。
カリナン (Cullinan)
原石の重さは 3106 カラット。英国のエドワード七世に献上され、王はこれをカットして9個の大きな石と96の小さな石にしました。
そのうちの一つカリナンⅠ (530.20 ct) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。タワー・オブ・ロンドンに保管されています。
キンバーライト
橄欖岩で殆んどのダイヤモンドの母岩である。地中から噴出して固化したものでブルー・グラウンドとも呼ばれ、風化によってイエロー・グラウンドに変化する。
キンバリー
南アフリカ共和国の州のひとつ、北ケープ州の州都キンバリー。この地域にダイヤモンド鉱山が多い。
キンバリーレポート
キンバリープロセス証明書。キンバリープロセスとは、ダイヤモンド原石の国際認証制度のことで、アフリカの紛争の資金源になっているダイヤモンドの不正取引を阻止する制度です。
わが国では2003年1月10日よりこの制度が導入され、原石の輸出入ともにキンバリープロセス証明書が必要になりました。
グレード
ダイヤモンドの品質価値は4Cで示される。カラー、クラリティ、カットなどの等級評価することをグレードという。
クラウン
宝石のカットにおいて、上部の面を指す。下部はパビリオン。
蛍光性
ダイヤモンドは紫外線が当たると青色等の蛍光を発するものがあります。
結晶インクルージョン
ダイヤモンドに含まれるダイヤモンドまたは他種鉱物の結晶包有物をいう。
よく発達したダイヤモンドの結晶を包有したダイヤモンドは子持ちダイヤモンドといわれることがある。
コンクッション・マーク
ダイヤモンドが硬く鋭い物体に激突したときに生ずる微少な劈開を伴う傷痕。長期間使用したダイヤモンドに見られる場合がある。

さ行

再カット
ダイヤモンドの直径に対する全重量についての詳細。
シンチレーション
ダイヤモンドの光のきらめき。照明、ダイヤモンド、観察者のいずれかが動いた時、ファセット(研磨された面)から閃光またはきらめきが生ずるが、この光のフラッシュ効果をシンチレーションという。
セッティング
リングに宝石を留める方法のこと。 爪宝石を留める部。デザインにも影響し、最近ではこの部を目立たせないのが流行。
逆に爪でダイヤモンドを大きく見せるデザインもある。メレー小粒(0.2カラット以下)の石。中石の周りを飾ったり、パヴェリングのように敷き詰めて使う。
ソリテア(ソリテール)
中石ひとつのリング。これの立て爪が代表的なエンゲージリング。

た行

耐久性
ガードルが極めて薄いダイヤモンドは欠けやすいなどの特徴。
立て爪
セッティング方法のひとつ。石を持ち上げ、光が入るように工夫されている(エンゲージリングの定番となっている6本爪は、ティファニー社の考案)。
着色ダイヤモンド
放射線照射によって人工的に着色したダイヤモンドで、黄色、褐色、緑色、青色、ピンク、赤など各色の着色ダイヤモンドがある。
着色ダイヤモンドの鑑別には分光光度計、FT-IR、ラマン分光分析装置などが有効である。
ディスパージョン
宝石にみられる光の効果で特にダイヤモンドの美しさを構成する要因の一つで、ダイヤモンドに入射した白色光がダイヤモンド内部で屈折反射を繰り返し、白色光を構成する各々のスペクトルに分解され"虹色"を示す。
ファイアと同じ。ダイヤモンドのディスパージョンの数値は0.044で調和のとれたディスパージョン(ファイア)を示す。
デビアス
ダイヤモンド鉱山会社であり、世界のダイヤモンド業界をコントロールをしながら価格を維持し、かなりのシェアを独占している会社。「婚約指輪は給料の3ヶ月分」「結婚10年目にはスウィート10ダイヤモンド」「ダイヤモンドは永遠の輝き」「ダイヤモンドトリロジー」など数々のプロモーションを成功させてきた。
小売業のデビアスブランドと区別するため、現在ではDTCと呼ばれています。
テーラー・バートン (Taylor-Burton)
リチャード・バートンはエリザベス・テーラーの誕生日の贈り物として、後にテーラー・バートンと呼ばれることになる 69.42ctのペアシェープ形のダイヤモンドを贈りました。
このダイヤモンドはプレミア鉱山でとれた 240.75ctの原石をハリー・ウィンストンが買ってカットさせたもので最高の品質のDカラー、Flawless の宝石であるといいます。オークションでカルチェが落札し、その後リチャード・バートンが購入したものです。グレース王妃のパーティーにエリザベス・テーラーがつけてゆくなど話題を呼んだこのダイヤモンドも 1978年にリチャード・バートンと離婚したエリザベス・テーラーによって競売にかけられ、現在はサウジアラビアに渡っていると言われます。

は行

パヴェ
メレなどを敷き詰めたもの。フランス語で石畳。
ファイアー
スペクトル(光が虹色に分散すること)カラーに分散する光の外観または程度。
ファンシー・カラー
ダイヤモンドのなかには魅力的な色調をもったものがあり、ファンシー・ダイヤモンドと呼ばれている。
ダイヤモンドの色としてはブルー、イエロー、オレンジ、グリーン、ブラウン、ピンクなどがある。放射線処理によって人工的にも着色できる。
ファンシー・カット
ラウンド・ブリリアント・カット以外のカット形式のものをファンシー・カットと呼ぶ。
マーキーズ、エメラルド、ハート、ペアーその他のカット形式。
フィニッシュ
ダイヤモンドの4C評価の1つであるカットの評価は、プロポーションとフィニッシュによって総合評価される。
フィニッシュはダイヤモンドのシンメトリー(ダイヤモンドの形状、ファセットの対称的な配置と場所の正確さ)とポリッシュ(研磨済みダイヤモンド表面状態あるいは研磨後に生まれたブレミッシュ)の項目から成り、それぞれの項目についても評価される。
伏せ込み(ふくりん留め)
石を取り囲むようにするセッティング。出っ張りが少なく、普段使いやすい。
ブライトネス
ダイヤモンドを真正面から見た時、外部内部のファセットから反射されて見える白色の光。
ダイヤモンドの3つの効果の1つ(シンチレーション、ディスパージョン参照)。
ブリリアント・カット
ダイヤモンドのカット形式の1つで、クラウン側33ファセット、パビリオン側25ファセットの合計58ファセットをもつ。
このカット形式はダイヤモンドの光の効果を最高に引き出す。
ラウンド・カット以外にオーバル、マーキズ、ペアー、ハート・シェープ・カットなどのファンシー・カットもある。
プロポーション
ダイヤモンドの4C評価の1 つであるカットの評価は、プロポーションとフィニッシュによって総合評価される。
プロポーションはダイヤモンドの深さ、ガードルの厚さ、テーブル径、ファセットの角度などの要素を含む。
プロポーションの優劣は、ダイヤモンドの美しさに大きく影響する(フィニッシュ参照)。
ポイント
ダイヤモンドの重さをあらわす単位で、1/100カラットを1ポイントという。
1カラットは100ポイントとなるので、たとえば0.12カラットは12ポイント、0.02カラットは2ポイントとなる。厘と同じ。
ホープ (Hope)
インドの大きなブルーのダイヤモンドの一部がこのホープのダイヤモンドになったと言われています。
1668年ルイ十四世に売られ以来、持ち主を次々と不幸に陥れた宝石として有名です。
このダイヤモンドを受け継いだルイ十六世と王妃マリーアントワネットはフランス革命で断頭台の露と消えました。
1792年にフランスの王冠の宝石が盗まれ際に紛失してしまいました。
1830年にホープのダイヤモンド (44.50 ct) は同じ色合いのもっと小さな石と共にロンドンの市場に現れました。
そして結局ホープのコレクションの一つになったのです。
ホープ家では不慮の死や不幸が続きその後の持ち主も不運に見舞われました。
この有名なホープのダイヤモンドはワシントンのスミソニアン博物館で見ることができます。
ポリッシュ
ダイヤモンドの研磨。研磨状態の程度。

ま行

マスターストーン(つけ石)
ダイヤモンドのカラー・グレードをする時の標準となる品位のダイヤモンドでキー・ダイヤモンドとも呼ばれている。
マリッジリング
マリッジリングは結婚指輪。結婚式に教会で交換するリング。日常既婚者のしるしとして薬指にはめていることが多い。
モース硬度
ドイツの鉱物学者、フリードリヒ・モースが考案した鉱物や宝石の硬度を表す基準です。
宝石がどのくらいの引っかき傷に耐えうるかを測り、10段階の等級に分類した相対硬度です。
硬度2の石で傷つくが、硬度1の石では傷つけられないものは、1(1/2)と表示しています。

ら行

リージェント (Regent)
1701年、インドのダイヤモンド鉱山で大きな原石 (410 carats) が発見されました。 それを隠し鉱山を逃走した男は逃亡中に乗った船の船長に海の中に投げ込まれてしまいました。
船長はその原石をインドの商人に売り渡し、商人は英国人知事サー・トーマス・ピットに売りつけました。
サー・トーマスは原石を研磨し、大きさは140.50 ctの美しい、後のリージェント・ダイヤモンドが誕生しました。
その後、フランスのオルレアンズ公爵が買い取り、王冠に輝いていたこのダイヤモンドは、フランス革命のどさくさに一時盗まれました。
フランス共和国政府はこの貴重なダイヤモンドを接収し、後になって、それはナポレオンの儀式用の剣の柄にはめこまれました。現在ルーブル博物館に展示されています。
ルース(裸石)
セッティングされていない石のこと。ルースと呼ぶ。

わ行

枠&空枠
宝石(メインストーン)を除いた、すべての部分。

英数字

4C
ダイヤモンドの価値はクラリティ(Clarity)、カラー(Color)、カット(Cut)、カラット(Carat)の4つの要素で決定される。この4要素の頭文字をとって4Cという。
ダイヤモンドの売却 [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]午前10時〜午後6時
お問合わせフォーム

HOME > ダイヤモンド用語集

PAGE TOP