ダイヤモンドの4Cとは

HOME > ダイヤモンドの4Cとは

4Cとは、ダイヤモンドの個性とも言えるカラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、そう呼ばれています。

ひとつひとつのダイヤモンドは、この4Cのコンビネーションによる異なる特徴と美しさを備えています。一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされています。

ダイヤモンドのカラー評価

ひとつだけを光に透かしてもわからないほどですが、ダイヤモンドには完全な無色から薄い黄色まで自然の色がついています。
無色に近いものほど光をスムーズに透過させ、虹色に輝き、希少価値があります。

しかし、カラーグレードの違いは驚くほど微妙で、熟練した専門家が理想的な明かりの下でダイヤモンドをルース(裸石)の状態で見て、初めてその違いがわかるくらいです。
また、ひとくちに白と言っても、陶器の白、紙の白、砂糖の白、雪の白などそれぞれ微妙な違いと美しさを持っていますし、黄色味があったとしてもカラー自体は各々のお好みの問題もあります。

もし、 見た目での透明(カラーレス)にこだわれる場合は、Gカラー以上であれば(比較するのではなく単体で見た場合)肉眼では色付きを判別するのは困難ですし、Dカラーより希少性は下がったとしても、輝きには全くと言って良い程影響を与えません。
カラーのグレードを決めるにあたっては、マスターストーン(標準石)を使い専門家によって検査され、下のチャートのように鑑定されます。

それから、ダイヤモンドのグレーディングレポートには「蛍光性」という欄があり、「青白色蛍光」とか「StrongBlue」という表記がなされている例があります。

蛍光性について

ダイヤモンドは、一般的に紫外線を当てると、石によって様々な蛍光を発します。
蛍光性が比較的強いものでは、太陽光線下で確認できるものもあります。これは、天然ダイヤモンドの特性のひとつとも言えます。
蛍光性は、蛍光の無い順から、

  • NONE(ない)
  • FAINT(若干ある)
  • MEDIUM BLUE(やや強い)
  • STRONG BLUE(強い)
  • VERY STRONG BLUE(非常に強い)

の順になります。
ダイヤモンドの取引においては、この蛍光性はマイナス評価となります。ダイヤモンド売買の市場で、蛍光性を否定的に捉える業者が多く存在するため、販売先が限定されるというのが主な理由です。
確かにSTRONGやVERY STRONGの蛍光性を持つダイヤは、蛍光性の無いダイヤよりも、発色のため、テリ・輝きが弱かったり、白っぽく見える場合があります。
特にヨーロッパの一部の地域においては、強い蛍光性が好まれない傾向があり、蛍光性の強弱が価格に影響します。

ダイヤモンドのクラリティ評価

フローレスと呼ばれる極めて少量のダイヤモンドを除いて、大抵のダイヤモンドには内包物があります。
クラリティのグレードは、この内包物の数、大きさ、色、場所などによって決められ、少ないほど希少価値は高くなります。

しかし、ダイヤモンドの内包物は言ってみれば天然の指紋のようなものであり、一粒一粒の個性でもあるのです。
たとえ内包物があったとしても、輝きに影響を与えない程度のものであれば、ダイヤモンド本来の美しさは損なわれることはありません。

もし、ダイヤモンドの輝きに影響を与えるような内包物は避けたいとお考えなら、SI1以上をお選びになられれば、肉眼では内包物を発見することは非常に困難ですし、輝きに影響を与えることも全くと言って良いほどありません。
クラリティのグレードを決めるにあたっては、効果的な照明の下で10倍に拡大して専門家によって検査され、下のチャートのように鑑定されます。

クラリティの改変処理

近年、ダイヤモンドのクラリティを改変する技術が開発され、いくつかの事例が報告されていますが、代表的なものは次の2つです。

1. レーザードリルホール処理
レーザー光線で、黒色インクルージョンを除去し、クラリティグレードを上げる処理
2. 高屈折ガラス充填処理
ダイヤのクラクチュア(割れ目)に、高屈折ガラスを充填し、 クラリティグレードを上げる処理
これらの処理が施されたダイヤは、その価値が大きく低下しますので、注意が必要です。

ダイヤモンドのカット評価

カットとシェイプを混同されている方が多いようですが、カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表しています。
カラー、カラット、クラリティは自然が決定しますが、ダイヤモンドに輝きという永遠の生命を吹き込むのは熟練したカット職人の技。

最新の技術と経験に裏付けられた職人技によってバランスよくカットされたダイヤモンドは、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めます。

カットグレードはプロポーション要素(プロポーションの各寸法については自動測定機ダイア メンションを使用)をGIA Facetware Cut Estimatorデータベース(3850万通り以上)で照合し、目視評価要素を経てExcellent VeryGood Good Fair Poorの各グレードに決定されます。

1. プロポーション要素
テーブルサイズ 全体の深さ クラウン角度/高さ スター長さ パビリオン角度/高さ ローワーハーフ長さ ガードル厚
2. 目視評価要素
ガードル厚(谷部の最大 最小) キューレットサイズ ポリッシュ シンメトリー

ハート&キューピッドについて

カットを見る特殊な器具(ジェムスコープ)を使うと、プロポーションとシンメトリーの優れているダイヤには、テーブル側から見ると8つのアローマークが、パビリオン部分から見ると8つのハートマークが見えるということが発見されています。

この現象が見られるダイヤは「ハート&キューピッド」(H&C)という名称で呼ばれています。
カット評価がエクセレントのダイヤに多く見られますが、稀にベリーグッドのダイヤモンドにも見られます。
日本国内マーケットのみで、通用する基準ですが、このH&Cが見られるダイヤは、見ることができないダイヤよりも高値で取引されています。

トリプルエクセレントについて

カットの総合評価がエクセレントになる条件としては、シンメトリーとポリッシュがそれぞれべりーグッド以上あれば十分です。そこで、総合評価に加えて、シンメトリーとポリッシュについてもエクセレントと評価されるダイヤモンドには、トリプル・エクセレント(3EX)と呼んで差別化しています。

シンメトリーとポリッシュがダイヤモンドの輝きを大きく左右するポイントであることから、トリプルエクセレントのダイヤモンドが、カットグレードの頂点として、通常のエクセレントカットのダイヤよりも高値で取引されています。

ダイヤモンドの大きさと重量

1カラットは0.200グラム。

カラットの語源は、昔インドでダイヤモンドの計量に、いつも同じ大きさのカラッブ(いなご豆)の実の種を使ったのに由来しています。カロッブの種は、乾燥させるとほぼ均一の重さになるため、宝石の重さの単位として使われていたのです。

一般的にダイヤモンドは、カラット数が大きければ大きいほど稀少であり価値もあります。
また、大きい石が比較的少ないので、カラットが増すと1カラットあたりの価値も上がります。

例えば4.0ctの石をカットできる原石結晶は、1.0ctの石をカットできる原石よりはるかに少ないので、ダイヤモンドカッターが支払う1カラットあたりの価格は大きい結晶の方が小さい方より高くなります。

すなわち1.0ctのダイヤモンド4個の合計価格は、同程度の4.0ctのダイヤモンド1個に支払われる金額よりかなり低いということになります。
また、ダイヤモンドは、その重量と同時に、大きさ(直径)も重視されます。
1ctのダイヤであれば、最低直径が6mm、0.5ctのダイヤであれば、5mmの直径がないダイヤは、マイナス評価となります。
逆に、1ctで直径6.5mm以上のものや、0.75ctで直径6mm以上のものなど、直径が大きなダイヤはプラスの評価となります。

以上のような、4Cというものを基準にして、ダイヤモンドの価格が算出されます。

ダイヤモンドの売却 [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]午前10時〜午後6時
お問合わせフォーム

HOME > ダイヤモンドの4Cとは

PAGE TOP