2. 売却価格の評価手法を知る

HOME > ダイヤモンド売却相場を知る/2. 売却価格の評価手法を知る

ダイヤモンドの買取価格の基本

ダイヤモンドの取引相場-買取店の手数料=ダイヤモンド買取価格

ダイヤモンドの買取価格の基本

買取金額を算出するもととなる「ダイヤモンドの取引相場」はどのようにして決まるのでしょうか。

ダイヤモンドは、金やプラチナと同じように、世界中で取引されている商品ですので、相場というものが存在します。

それは、金やプラチナのように毎日、決まった金額で決まるわけではなく、ダイヤモンドの質と、需要と供給のバランスで決まります。

買取をしているお店、会社は、その「取引相場」というものを基準に、ダイヤモンドの価値を算出しているわけです。
取引相場は、ダイヤモンドのサイズ(重量)、カラー、クラリティ、カットなどの要素で、決まります。


例えば、1,05ctの重量で、Dカラー、VS1、VERYGOODのダイヤであれば、ダイヤ相場が50万円(仮)だとすると、買取価格は、

[写真]ダイヤモンドの買取価格の基本

50万円 -(50万円×15%)= 42.5万円

実際の買取では、単純に上記の要素だけで決まるわけではなく、ダイヤモンドのサイズ(直径)や、蛍光性の有無、全体的なプロポーション、内包物・キズの位置などを考慮したうえで、最終的な買取価格を算出します。

算出の基準となるダイヤモンドの相場をより正確に査定できるスタッフがいるお店、会社ほど、より正確な買取価格が提示できるわけです。

特に、1ctを超えるようなサイズのダイヤモンドで、クラリティ(ダイヤの内包物・キズの状態)が「SIクラス」や「Iクラス」のダイヤモンドの場合、お店によって、査定価格に大きな差ができることが多々あります。

それは、仮にクラリティが「VVSクラス」など、ダイヤのキズがほとんどないダイヤであれば、相場表から、ダイヤの価値が算出しやすいのですが、「SIクラス」や「I1クラス」の場合、そのキズの状態により、相場が大きく変動するため、たくさんの売買経験のある人でないと、正確な金額が算出できないためです。

クラリティに限らず、カラー、カットも含め、大きなダイヤになればなるほど、お店ごとの価格に差がありますので、いくつかのお店、会社で査定依頼をして、最終的に売却先を決める方法をお勧めいたします。

ダイヤモンドの売却 [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]午前10時〜午後6時
お問合わせフォーム

HOME > ダイヤモンド売却相場を知る/2. 売却価格の評価手法を知る

PAGE TOP