1. 売却価格の基本的な
考え方を理解する

HOME > ダイヤモンド売却相場を知る/1. 売却価格の基本的な考え方を理解する

1. 売却価格の基本的な考え方を理解する

売却を検討するに当たって、大きな検討課題となるのが「売却価格」です。

ダイヤモンドは天然のものなので、個別性が非常に強い資産であるため、価格の判断が極めて難しいという特徴があります。

最終的には、専門家に査定を依頼することになりますが、その前に、まずは、ダイヤモンド売却価格に関する基本的な考え方と検討手法等を少しでも理解するようにしましょう。

同じダイヤモンドは存在しない

ダイヤモンドには一つとして同じものが存在しません。
たとえ、同じカラット数、グレードでも、色の微妙な違い、インクルージョンの特徴、輝きの強さ等で価格が大きく変わることがあります。
このように、ダイヤモンド価格を判断する場合には、カラット数、グレードをベース、最終的には石ごとに査定を行う必要があります。

取引時期が変われば価格は変わる

ダイヤモンド取引市場にも、全体的な相場の動きがあります。
たとえ同じダイヤモンドであっても、取引する時期が変われば、価格も大きく変わる場合があります。
したがって、ダイヤモンド価格を判断する場合には、市場全体の動向も踏まえて、取引時期に応じて検討する必要があります。

最終的には売り主と買い主の合意が前提

ダイヤモンド売買は、一般的にデパートなどで買い物をするように、提示された金額に対して「買うか、買わないか」の二者択一で成立するものではありません。
買い主が個別に査定価格を提示し、売主がそれに同意したときにはじめて価格が確定します。

このように、ダイヤモンド価格は個別の「取引」ごとに決まりますので、その価格を客観的なデータだけで完全に検証することはできません。

ダイヤモンドの売却で後悔しないためには、できるだけ多くの情報(専門家からのアドバイスも含みます)を収集して、価格に関する自分なりの検討を十分に行うことが大切なポイントになります。

ダイヤモンドの売却 [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]午前10時〜午後6時
お問合わせフォーム

HOME > ダイヤモンド売却相場を知る/1. 売却価格の基本的な考え方を理解する

PAGE TOP